虫歯治療

歯科クリニックで虫歯がないか確認をする歯科助手と男性患者様

虫歯になっても治療すれば大丈夫だと思ってませんか?
ごく初期段階以外の虫歯になっているという事は「既に歯に穴が開いている」と考えてもらって問題ありません。空いた穴は元に戻らないんです。
自覚症状が現れた時には既に、歯のエナメル質の内側にある象牙質まで進行している状態で、結構な穴が開いていると思ってください。そう思うと、痛くなる前に早く歯医者さんに行った方が良いですよね?このページでは虫歯の治療方法とその後の痛みについて、記載しております。

虫歯の進行と治療方法について

進行段階症状治療法
ごく初期段階の虫歯 自覚症状なし治療を必要としないことも多く、適切なブラッシングとフッ素塗布などで治ることがあります。
エナメル質の虫歯歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがあります。舌で触った時に違和感があったり、食べ物が詰まるなどの症状がある場合も。虫歯に冒された部分を削り、穴になった部分に詰め物はレジン(歯科用プラスチック)を詰めていきます。
象牙質の虫歯エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあり、おおっくの患者さんがこの段階で虫歯に気付きます。虫歯の侵された部分を削り、コンポットレジンを詰める場合や、型取りをして金属の詰め物をする場合があります。虫歯の状態によっては、全体をかぶせ物で覆う事もあります。
神経まで達した虫歯象牙質のさらに奥にある歯髄(神経)まで虫歯が進行してしまった状態です。ここまで進行すると熱いものがしみたり、何もしなくてもズキズキと痛みがあり、痛みに我慢できなくなって受診される方も。虫歯の侵された部分を削り、コンポットレジンを詰める場合や、型取りをして金属の詰め物をする場合があります。虫歯の状態によっては、全体をかぶせ物で覆う事もあります。
歯の根元、骨まで進行した虫歯ここまで進行すると歯はほとんど残っておらず、神経が死に、痛みはなくなっています。しかし歯根部に膿が溜まると再度痛みが発生します。また、骨にまで進行してしまうと激痛が発生します。多くの場合が、抜歯が必要です。抜歯の場合、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの選択肢があります。

進行した虫歯の根管治療

虫歯が神経まで達した場合、抜歯が必要な場合がありますが、根管治療によって歯を残せる可能性が高くなります。
根管は、歯の内部にある神経や血管が入っている管のことで、虫歯菌が根管まで達すると、歯が機能しなくなり、抜歯せざるを得ない状況になってしまいます。抜歯を回避するためには根管治療が必要です。

根管治療は必ず通院し、完治させる必要があります。

虫歯の治療を途中で辞めないように訴求する男の子のイラスト

絶対に途中で通院をやめないでください

虫歯の進行段階にもあるように最初は自覚症状がなく、その後自覚症状が発生し、ズキズキと痛み、歯の神経が死に歯が痛くなくなり、さらに悪化すると激痛が伴います。

「痛くなくなったから。」という自己判断で歯科医院に通わない事で、さらに悪化するケースがございますので、まずは歯科医院で受診をされることをオススメいたします。

虫歯治療の後に痛い原因

治療後の神経が敏感になっている

虫歯治療時の振動などの影響で神経は敏感になるため、痛みを感じやすくなります。
一時的に神経が過敏になって反応している場合もあります。
出来るだけ、刺激を与えないように安静にすることで徐々におさまってきます。

神経が炎症を起こしている

既に虫歯菌が神経内部にまで入り込んでいる可能性があります。
歯の神経がダメージを受けて弱っている場合ズキズキと痛むことが多いです。ひどく炎症している場合を除き、神経の回復を期待して抜くことはしません。

詰め物・かぶせ物が神経を刺激している

詰め物やかぶせ物によって、神経を圧迫させることがあります。
また、治療後は神経が過敏な状態ですので金属などの熱伝導も相まって刺激を感じやすい状態になっていると、冷たいものや熱いものを食べると痛くなることがあります。
大体は、2~3日程度で痛みはなくなりますが痛みが続くようであれば、他の原因も考えられますので歯科医院に相談する事をおすすめします。

神経が切り取れていない

根管治療の後にズキズキと強い痛みを感じる場合は、神経が切り取れてない可能性があります。
歯の根は複雑な構造である場合に、神経を取り切れていな場合は治療をやり直す必要があります。
必ず歯科医院にご相談ください。

虫歯治療の後に痛みはいつまで続くのか

虫歯の治療後は神経が敏感であり、詰め物やかぶせ物の熱伝導性も相まってしみたりズキズキする事があります。
大体の場合は、治療後の歯が痛む症状は、2~3日程度で落ち着きます。
どうしても痛みが我慢できない場合は歯科医院へ相談してください。

歯の痛みをおさえたい時の対処法

歯の痛みをおさえたい時の対処法を伝える男性歯科医師のイラスト

・痛み止めを飲む
・刺激が強い食べ物を口にしない
・アルコール摂取や長時間のお風呂、激しい運動などの血行が良くなる行動をしない
・治療後の歯の付近を触らない
・患部を冷やす

痛み止めを飲むことも重要ですが、痛みを強くしないために患部を刺激したり、体全体の血液の循環が良くなるような行為を控えて、対処していきましょう。

虎ノ門ヒルズ 龍クリニックでは、様々な歯の悩みの無料相談を行っています。
患者様の状況にあったご提案はもちろん、必ず治療計画にご納得頂いてからの施術となりますのでご安心ください。
まずは諦めずに、是非当院にご相談ください。