龍理事長の歯科ブログ

睡眠時無呼吸症候群の歯科的応用 歯科医院受診の背中押します!龍理事長の歯科ブログ

睡眠時無呼吸症候群の歯科的な応用

睡眠時無呼吸症候群は、仰向けに寝たときにノドの脂肪や舌などが重力で下がり、気道をふさぐことで起こります。大きないびきと無呼吸が特徴です。息ができないために睡眠の質を悪くし、日中の激しい眠気や集中力の低下、さらには、血中の酸素濃度が減るために、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧など生活習慣病のリスクも高めます。

 治療には、鼻から加圧した空気を入れて気道を確保するCPAP(持続陽圧呼吸療法)のほか、マウスピースで下あごを前方に固定し、脂肪や舌が気道の方へ移動しないようにする「スリープスプリント療法」あります。

 私はマウスピースの「スリープスプリント療法」を担当しています。どちらの治療が適しているのかは、医師が診断した上で、保険適用の治療を行っているのです。

太っている方は、脂肪で気道を塞ぎやすいのですが、痩せている方でもアゴが小さい、あるいは、アゴが後ろに下がっているなど、お口の状態によっても睡眠時無呼吸症候群に結びつきます。「夜中に呼吸が止まって大きないびきをかく」といった症状がある場合は、虎ノ門スリープクリニック等の専門病院を受診していただき、その上で、ご紹介状をご持参の上でご来院ください。保険適応にて対応させていただきます。

ところで、このマウスピースによる睡眠時無呼吸症候群の治療法、いびき防止には抜群の効果があります。

睡眠時無呼吸自体、あまり自覚症状がないため、ほとんどの患者様がベッドパートナー、つまり奥様のご指摘でいらっしゃいます。

奥様方にとっても安眠妨害になりかねないいびきの対処法として、マウスピースをご検討いただくのもよいかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の診断がない場合のマウスピースの作成については保険適用外です。

いびきが気になったら、ぜひ東京港区虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科へご連絡ください。


月別ブログ一覧