龍理事長の歯科ブログ

メタルフリー 歯科医院受診の背中押します!龍理事長の歯科ブログ

メタルフリー診療が正しい選択だと確信しています。

虫歯の治療では、削った歯に、金属もしくは白いプラスチック、セラミックなどをかぶせます。

みなさんも、「金属にしますか?白いものにしますか?」といわれたことがあるでしょう。

合金の金属、プラスチックは保険適用で、セラミックは自費です。日本では、見た目と費用の兼ね合いで選ぶのが、一般的だと思います。 一方、諸外国ではメタルフリーが進んでいます。

日本と保険制度が異なり、見た目を重視するというだけでなく、金属に対する身体への悪影響を気にする傾向が高まっているのです。

合金の金属はアレルギーの原因になりえます。時計やアクセサリーで金属アレルギーによる皮膚炎を起こす人がいるように、歯の金属で、手の平などにブツブツと水疱(ほう)が生じる掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)になってしまう人もいます。

また、月日が経って、かぶせ物と歯との間に、さらなる虫歯によるすき間が生じたときに、プラスチックやセラミックはすぐに割れて緊急事態を教えてくれますが、金属は割れることがありません。

そのため、虫歯がひどい状態になるまで気づかず、結果として、歯の状態を悪くしてしまうケースも見受けられます。

そういったプラスチックやセラミックと金属の違いを理解したうえで、ご自身に合った素材を選んでいただきたいと思います。

詳しいご説明をお聞きになりたい方は東京港区虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科へご相談にいらしてくださいね!