龍理事長の歯科ブログ

歯に金属はお断り!メタルフリー診療 歯科医院受診の背中押します!龍理事長の歯科ブログ

歯のメタルフリー診療の勧め

うちのクリニックはメタルフリー診療です。 歯の金属の治療は一切しませんので!(インプラントを除く)

みなさん、歯の詰め物の種類って相当いっぱいあるのご存知ですか?

大きくわけると、たぶんご理解いただきやすいのは「銀歯」と「白い詰め物」。

当院では基本、金属の詰め物はお勧めしていません。

その理由をいくつかお話しますね。

そもそも、日本の歯科診療は医科と違って「保険診療」と「自費診療」の2本立て。

その方式は戦後からずーっと続いてます。

参考までに、アメリカではほとんどの歯科医院はプライベート、つまり保険適応外の歯科医院です。なので、歯科診療は本当に高いと思われていますよね。高いので、むしろできる限り歯医者にかからなくて済むように、矯正治療や予防歯科を受ける方がすごく多いんです。ある歯科医院では根っこの治療一本が20万円とか!日本では保険でカバーされるので200円程度ですね。

でも、実はこれ、患者様の歯を守るという大義で考えると、相当な予防効果を出していると思います。

やっぱり欧米の方の歯に対するモチベーションの高さは治療費の高さに由来する部分もあると思います。

ところで、1本の歯の治療回数って、最大何回くらいか、考えたことありますか?

歯科医師の考えからすると、一本の歯の治療回数は仮に保険診療で治療を受けた場合、おそらく5回程度。その後、抜歯になる可能性が高くなります。 僕が思うに、歯が原因で歯を失う(歯周病が原因ではなく)ことの最大の理由はこの、「金属の詰め物」にあるのではないかと、ずっと思っています。

歯科医師サイドも、よく、歯の詰め物を説明するとき

「白い詰め物がいいですか?」

「金属にしますか?」

とご説明なさっている方が多いように思われます。

でも、このご説明は実は極めて不十分。

まず、金属が保険で白いものが自費って説明は間違っています。

そして、おそらくほとんどの歯科医師はもし、自分が治療を受けるなら?という問いに対しては金属よりもプラスチックやセラミックを選びます。うちのクリニックで採用したときに、スタッフの治療をすることもあるのですが、今まで金属の詰め物を選んで使った歯科医師はいません。このあたりに完全に答えがあると思います。

余談ですが、口腔内で使われている「パラジウム」はレアメタルといって、今はとても貴重な金属です。わざわざ、この希少金属を使う必要があるのでしょうか?

僕が金属を嫌いな理由。

一つは金属アレルギーの可能性を捨てきれないのに、気楽に口腔内にアレルギーの原因となる物質を装着することに抵抗があります。

最近、レストランに行くと、「苦手な食材やアレルギーのある食材ありますか?」と聞かれませんか?

僕は昔、「スイカ」アレルギーで、「スイカ」を食べるたびに呼吸困難に陥って、相当辛い思いをしていました。最近はもう一つアレルギーの可能性があるものを発見。それは「オリーブオイル」!オリーブオイルなんか、もう、隠し味で散々使われてますから、まあ、相当なリスクをしょっているわけです。

でも、歯医者で詰め物をするとき、「金属アレルギーありますか?」って聞かれること、もっというと、ちゃんと検査をして金属を付けてるとこってほとんどないですよね?

付けてからアレルギー症状が出て、初めて金属アレルギーだったってわかったり。

僕はもともと麻酔科にいたので、薬剤のアレルギーなどは相当注意をしていたわけですが、おそらく、医科の領域の中で検査もせずに高頻度に発症するアレルギーの源となる可能性の高い物質を気楽に使用している診療科は歯科ぐらいではないでしょうか?

その結果、掌蹠嚢胞症(しょうせきのうほうしょう)や原因不明の吹き出物に悩まされている方は数多くいらっしゃると思います。僕も掌蹠膿疱症でしたが、口腔内から金属を除去したら大分改善しました。

昔は固いプラスチックやセラミックが存在しなかったので、実は金属しか選択肢がなかったんですが、今は科学技術の進歩により、口腔内には他にとりうる選択肢もあるのに、わざわざ金属を使用するのはどうかと。

次に金属が嫌いな理由。

「欠けなすぎ!」

たぶん、皆様は歯医者の良しあしを考えるとき、「痛くない」「怖くない」「高くない」を筆頭にお考えになると思います。そして、多くの要素を「腕」だと思っている方が多いと思います。

でも、「腕」の中に「材料の選択」という要素が入っていますか?

金属の治療って、基本的にレンガのおうちや壁と一緒で、金属と歯の間にセメントという材料を使って歯にくっつけています。そして、金属なのでよっぽどなことがないと欠けることはありません。この、「欠けない」が虫歯製造機になっている可能性がとっても高いんです。これ、意外と多くの患者様がご経験なさっていると思います。

その点、プラスチックやセラミックは金属と比較して「欠けやすい」。そして、セメント診療ではなく、「接着診療」です。

もし、詰め物の内側が空洞になれば、「欠けてくれる」ことで治療の必要性を知るサインになります。そして接着剤による接着はより、詰め物と歯の間に隙間を作ることを防ぎます。

患者様の健康を守る、歯を守るという観点から考えても、詰め物などの人工物が「欠ける」ことは歯が損傷してしまったりアレルギーを出すことよりより可逆的(やり直せる)診療であるといえます。

ですから、僕は金属を使った診療をすることはほとんどありません。

その結果、神経の処置になるケースもかなり少なく済んでいます。

そんなわけで、患者様。

虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科は金属の治療は一切致しておりません。 歯の矯正ですら、ワイヤーを一切使わないマウスピースのインビザライン矯正です。 もし、金属の治療をご希望であれば、うちでない歯医者はいっぱいあります。 そちらを受診していただくことをお勧めします!


ブログ記事カテゴリー
月別ブログ一覧