クリニックからのお知らせ「歯科医院受診の背中押します。龍理事長の歯科コラム」のお知らせ一覧

東京・港区・虎ノ門で一番!痛くない、怖くない歯医者を目指して

素敵な歯医者の見分け方 

1 仰向けの恐怖の対応法を理解できる歯医者

クラシックがBGMは恐怖を助長。

気を散らす

2  虫歯になったことがある歯医者

痛みがわかる。

3 麻酔が得意な歯医者

ここが技術かな?道具も大事!

今まで1万5000人以上の来院患者様とお話してきました。

その方々の実に90%以上の患者様は「歯医者が嫌い」です。

僕も実は歯科診療を受けるのが苦手。

<美容室と床屋さんの違いから見る歯医者の恐怖>

僕は開業する前まで、床屋さんで髪を切ってました。床屋さんって、女性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、床屋さんで髪を洗う時、顔を下に向けて前かがみで洗髪します。

逆に男性の方にはなじみがないかもですが、美容室で髪を洗う時には上を向いて横になったまま洗髪します。

この、仰向けに慣れてない自分にとって、この無防備な状態、しかも、痛みを感じるのでは!の恐怖って実は非常に大きい。

<犬も猫も、動物はすべてうつぶせで寝ている>

実は動物のなかで、仰向けに寝るのは人間だけといわれています。もともと野生であった動物はいつ、何に襲われるかわからないので、いつでも走れるようにうつぶせで寝ていると言われています。つまり、動物は本能的に防御態勢はうつぶせなんですよね。

防御態勢がとれない歯科医院での恐怖体験防御法

1、体を硬直させずにリラックス

歯医者に行くと緊張しますよね。緊張すると血圧もあがるし。緊張しいの患者様はご挨拶するときに、ぜひ、「私、歯医者怖いんです」とおっしゃってください。

ヨガの先生が何人か受診しているのですが、彼女たち曰く、リラックス法は硬直ではなく弛緩、つまり体の力を抜くことから。とりあえず、痛いことをする可能性があるときは説明してからやりますから、まずは体の力をぬきましょう。

そのお手伝いとして。

僕のクリニックではBGMはJ?Pop。一番聞きなれたものを聞いていただき、リラックスしていただくのがベストだと考えています。知っている歌なら鼻歌うたってください。

2 気を散らします!

これ、僕の一番得意な必殺技。なかなかきっとマネできるドクターはいません。

僕は治療中、ずっとしゃべってます。これ、ご経験いただければわかると思いますが、実は一番効果があるかも。経験しにいらしてください。歯医者のイメージ変えますよ(笑)

麻酔で決まる、歯医者は痛くない

正直、僕は麻酔の注射に対して絶対の自信があります。なんせ、自分が昔から虫歯の治療をいっぱい受けているので、昔は歯の麻酔が大っ嫌いでした。なので、できるだけ痛みを軽減するために、麻酔の薬液を温める装置、電動麻酔器、特別な表面麻酔などを用いています。あ、ここで、一つ選び方のアドバイス。

今まで何人も歯科医師を雇用してまいりましたが、実は歯科医師の御子息の中には「今まで虫歯になったことがない」という歯医者が存在します。彼らは治療を受けたことがないので、治療に対する恐怖や痛みを理解するのは難しいみたいです。なので、患者様から「痛い」といわれても気楽に「我慢!」と言ってしまうドクターもしばしば。

僕は昔から歯の治療をたくさん受けてきたうえに、麻酔科でペインクリニックの外来をお手伝いしていた経験から、痛みの理論は相当勉強してきました。痛みの感じ方は人それぞれ。そうなると画一的な麻酔の方法では個人にあった除痛ができないんですよね。

痛い治療は歯医者も嫌いです。

痛くない治療を目指して若いドクターは日々研鑽しましょうね!

「世界基準の笑顔」を作れる歯医者を目指して.東京・港区・虎ノ門地域ナンバーワンの歯医者から

医療法人を立ち上げて16年。法人では通算で1万5000人を超える患者様に受診していただきました。延べ人数ではなく、純粋な受診患者様の数が1万5000人越え!来院してくださっている患者様方には心より感謝いたします。

私のクリニックにいらしていただける患者様は、実は世界中から。

中国やアメリカ、オーストラリア、マレーシア、韓国、タイ、南アフリカ、ガーナ、スペインなどの諸外国の方も来院していただいております。

日本でも、奄美大島、福岡、大阪、長野、福島、静岡などなど、なぜか全国の方が受診してくださっています。

理事長として、うーん、なんでこんなにも色々なところからの受診患者様が来てくださるんだろう。。。不思議です。。。と、最初は思っておりました。

メディアの取材は歯科の啓蒙活動。クリニックの宣伝ではありませんが。。。

テレビに出演したり、ラジオの番組を持ったり、雑誌の取材を受けたり、本を出版したり、日本の歯科医療のイメージを変えるために、日々勉強し、日々研鑽し、一般常識を身につけ、患者様と毎日コミュニケーションをする。その中で患者様からお教えいただいたことを常に考え、対応できるよう努力する。今はその結果だろうなあと考えています。HPに記載されていない雑誌の取材なども含めると、僕は多分日本で一番メディアの取材を受けている歯科医師の一人ですね。

理事長である僕一人でこの1万5000人の患者様の治療をしてきたわけではもちろんありません。僕が常に腕の良いドクター、性格の良いドクターを雇用し、チーム医療であるために用意するスタッフの雇用に関しても性格分析も含めたテストを行って採用していることも結果、皆様にご安心を提供できるのかもしれません。

僕がスタッフを雇用する際に、必ずお願いすること。

「患者様は全て身内だと思って、ベストを尽くせ」

つまり、自分の家族に治療する気持ちで治療にあたること。実はこれ、とっても大事なことだし、もし、自分が治療を受けるならそういう気持ちで治療してもらいたいというのが本意なんです。

ベストを尽くす。これも、とっても大事なこと。

患者様にとって、一度ひととおりの治療を受けたら次に治療を受けるのは不調を来すとき。

その時に最新で最高の治療でなくてはいけません。そのために、日々勉強することも忘れてはならないんです。

さて、ここからが本題。

よい歯医者の選び方・見つけ方

ですよね。

では、逆にどんな歯医者が素敵じゃない歯医者ですか?(笑)これ、僕らサイドの永遠のテーマですが(笑)

多分素敵なじゃない歯医者のアンケートを取ると、

1 腕が悪い

2 痛い

3 待ち時間が長い

4 治療期間が長い

5 高い

6 汚い

7 臭い(笑)

8 説明がわかりにくい、あるいは説明してくれない。

9 クリニックが通いずらい

10 診療時間が短い

このあたりが素敵じゃない歯医者のトップ10くらいになるんじゃないかな?

そうすると、素敵じゃない歯医者の逆が素敵な歯医者かも!と思って僕はクリニックの運営をしています。

次回からこのポイントの一つ一つに答えをつくってまいります。ご期待ください。

月別お知らせ一覧