お知らせ カテゴリー「オーラルケア・予防歯科」

歯にヒビが入った時の主な症状をご紹介します音譜


[みんな:02]エナメル質のヒビ
ホワイトニングをする際に歯がしみるといった症状になることがありますが、多少のヒビは普段、無症状のままといった事が多いです。

比較的深いヒビで最も多い症状は、冷たいものがしみる知覚過敏です。
ヒビの隙間から水などが象牙質に触れるため知覚過敏を起こします。

年をとることに、噛み合わせの衝撃が蓄積されて、大きめのエナメル質のヒビが見つかりやすくなります。
噛み合わせ面のエナメル質が、突然破折することもあります。

しかしこの場合、ヒビがエナメル質内で終わっていれば、歯の神経などはダメージを受けることはありません。

[みんな:02]象牙質のヒビ
象牙質にヒビ割れが起こると、ヒビを伝わって奥に細菌が侵入しやすくなります。

歯の上部の象牙質にヒビが入れば、内部の神経に炎症を起こし「歯痛」が起こり、根にヒビが入れば、歯ぐきの奥に細菌が侵入するため「歯ぐきの腫れ」が起こります。
さらに神経を抜いてある歯に起こるヒビでよく見られるのが、被せものや差し歯が何度付け直してもよく外れる。

歯周病や根の病気が、治療をしてもなかなか治らない、などの症状がでてきますキラキラ☆?

歯の摩耗について

歯の根元に段差が確認できても、その時点で症状がなければ、すぐには大きな問題になるわけではありませんが、歯と歯茎の境目に段差出来たときに起こる症状とは?ひらめき電球
水がしみる根元の段差が大きくなると、歯の内部の象牙質が露出して、水などがしみるようになり知覚過敏のような症状になります。
被せものの根元に段差が出来る歯を被せてある場合でも、その被せ物と歯肉の境目が削れて、段差になって審美的な問題になることがあります。
ブラッシング時に痛む削れてしまった歯の根元にブラッシング時の歯ブラシが当たると歯がしみたり、痛みが出たりすることがあります。
時間と共に段差は大きくなる歯の根元は、外側の硬いエナメル質は非常に薄いので、段差が内部の柔らかな象牙質に達すると、磨り減りやすく段差が大きくなっていきます。
歯の根元が段差になるのは、硬い歯ブラシを使い、強い力で研磨剤入りの歯磨き粉で磨くからだけではありません。
それだけでなく、咬み合せの時に発生する応力が根元に集中する結果、歯の根元が削れたようになってしまうのが大半の原因になっていますひらめき電球

歯の摩耗が気になったら東京港区虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科へおでんわくださいね!

今日は歯の摩耗についてご説明します。

水がしみると思ったら、歯茎が下がってきただけではなく、歯の根元が少しづつ磨り減ったように削れている事があります。
歯のどこが削れてくるの?
歯を爪でなぞって段差を感じたら、そろそろ注意が必要かも...。
鏡で口の中を見たときに、歯の根元がまるで何かで削りとられたように抉れてきます。
削れる場所はさまざまで、前歯だけであったり、奥歯であったりします。
1本だけ削れたようになるのではなく、数歯にわたって同じように削れていることがほとんどです。
自分で確認するには、指の爪で歯の根元の方から、歯の頭の方向になぞるとわかります。
もし根元近くに引っ掛かる場合には、すでに削れ初めていると考えられます。
正常な場合は、歯の根元から頭の部分までスムーズになぞる事が出来ます。

歯の摩耗が気になったら虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科にご予約下さい

歯医者さんで使うものをご紹介いたします[みんな:01]
こちら[みんな:02]
o0480064011884154582.jpg

名前は咬合紙といいます 用途は名前の通り、噛み合わせをみるために使うものです

新しく詰め物や被せ物、入れ歯などをセットした時に必ず使います[みんな:05]

そうです、歯医者さんに「カチカチカチ、ギリギリギリしてください」と、言われた時に噛んでいる紙です[みんな:06]
歯についた赤や青のしるしは拭けば消えるのでご安心を[みんな:07]
以上、咬合紙でした[みんな:08]

歯石のつきやすい場所BEST3の続き、発表します!


第3位・・・上の奥歯のほっぺた側!
特に一番後ろの歯と、後ろから2番目の歯あたりに唾液の出口がある上に、やはりほっぺたのお肉があるので 磨きにくく、歯石がつきやすいです。

そして 第2位・・・下の奥歯のベロ側!
やはりベロがあって歯ブラシしずらいですよね。
人によってはあまり奥まで歯ブラシを入れるとおえ?っツツとなってしまってうまく磨けない場合もありますそれに常に唾液がひたひたとある状態なので歯石になりやすいです。

いよいよ第1位・・・下の前歯の内側!
これは歯科医院に久し振り、という患者様には たいてい付着してたりします歯
前歯の裏側はとても磨きにくい上に一番唾液が出る量が多いと言われている唾液の出口が ベロの下から常にジャバジャバと出ているのでここはかなりの確率で歯石が付きやすいですerc

ちなみに、このベロの下の唾液の出口ですが、人によっては時々唾液がピョ?っと噴水のように 飛んだりするので、
とても面白いですよんぷぷ
皆さんも一度ご自身の唾液がピョ?っと出るか見てみて下さいなkepo
ちなみにカルビはピョ?っとなりませんぷー

以上、勝手ランキングでしたにこり
でも、ランキングの順番はともかく、歯石になりやすい場所であるのは 確実ですので、歯ブラシをするときは気をつけて磨いて下さいねは

歯石がきになったら東京港区虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科へご連絡ください。

歯石の付きやすい場所ってあるんですよ。



磨き残したプラークが唾液中に含まれるカルシウムによって 硬くなってしまい、それが歯石になる・・・みたいなお話ししましたもんすたー

その歯石がまた細菌の住み家になって、プラークが付着して 歯石になって・・・。
なんて悪循環を繰り広げるわけなのですが、その歯石キラキラ
唾液に含まれるカルシウムで作られるので、歯石になりやすい場所というのがあるんですね?(´∀`o)

つまり、唾液の出口の近くは、磨き残すと割と早い段階でプラークから歯石になってしまうってことになります。

なもんでカルビはクリーニングをするときに、その歯石になりやすい場所を必ずチェックするようにしてますキラキラ☆

そこで、歯石になりやすい場所ベスト3を明日発表しますニコちゃん

残念ながら、歯のヒビを完治させる治療法はほとんどありません。 エナメル質内のヒビは、浅いもしくは無症状なら経過観察。




歯の一部が欠けてしまった場合には、虫歯の治療と同じ様に治療します。
具体的には小さい欠けであれば、樹脂で埋める、大きく欠けたなら、被せものを作る場合もあります。

象牙質のヒビは、歯が完全に真っ二つに割れてしまえば、即抜歯になる可能性が高いです。
水がひどくしみるようであれば、神経を抜くなどの治療が必要です。
目で見てもほとんど確認できず、レントゲンで二次元的に確認できない場合もあるため、象牙質にできた歯ぐきの奥につながるヒビをなかなか発見できず苦労することもあります。
だんだんと症状が悪化したため、抜歯して初めてヒビが確認できるときもあるのです。

歯医者に行くのってなかなかハードルが高いですよね。

時間がかかりそう。

痛そう。

高そう。

でも、虫歯って治療しないと自然に治らないんです。

ですから、勇気を出して、気楽にご予約のお電話ください。

口腔内のことなら何でもご相談にのります。

「仕事が忙しくて虫歯を放置してしまった」
「かかりつけの歯科が見つからない...」
といった方々にも満足していただけるために、
幅広く、そしてスムーズな治療を行っております。

お待たせしないように。怖くないように。

まずはクリーニングから始めましょう!

スタッフ一同、お会いできるのを楽しみにしております。


月別お知らせ記事一覧