お知らせ カテゴリー「知覚過敏」

咬合性外傷が原因による知覚過敏について説明します。

冷たい物を飲んだり、食べたり、歯ブラシしているときにピリっとしみる!なんって事ないでしょうか?

歯並びによっては、歯ぎしりなどが原因で歯にストレスがかかり、その力が歯ぐきのそばの根元付近の表面にマイクロクラック(エナメル質の細かいひび割れ)を起こさせて、そこから少しずつ歯の破壊が起こるようになります。 この場所はブラッシングが繰り返されるため、蓄積されるとまるで歯ブラシで削り取られたように見えてくることがあります。

こういった症状の起こる原因を咬合性外傷といいます。
根本的な治療法としては、なぜ一本の歯に力がかかってしまうのか、原因を追究します。
歯並びによるものであれば矯正治療をすることをお勧めします。

こうなると知覚のある象牙質が露出するため、知覚過敏症状が現れることがあります。

治療は露出した象牙質を樹脂や薬で保護して、噛み合わせの調整などを行なう治療があります。

また、寝ている間の歯ぎしりや、食いしばり。
歯への負担を軽減してあげるマウスピース。

プレートをクッション代りにエナメル質のヒビ割れ、破折を守ります。

月別お知らせ記事一覧