お知らせ

フロスや歯間ブラシについて!明るく元気にインビザ中!衛生士かほの衛生士日記

こんにちは!
歯科衛生士の桜山です。

前回、歯ブラシの種類と選び方についてお話してきましたが今回は、補助的清掃器具のフロスや歯間ブラシについてもお話していこうと思います。

歯間ブラシ
歯と歯の間の汚れは,放置すると,歯周病の発生や隣接面のむし歯の発生につながります。
歯間ブラシには,SSS,SS,S,M,L,LLと様々なサイズがあります(メーカー間での統一はされていません)。
歯間ブラシが必要となるのは,歯間部に空隙が目視できる場合で,空隙のない場合は,デンタルフロスを用います。
・歯間ブラシは,歯と歯の間に用いて,歯間隣接部のプラーク除去に用います。
・歯間部は,プラークが停滞しやすく,歯ブラシでは除去しにくいことなどから,歯肉の炎症やむし歯を発症しやすいため,プラーク除去を確実に行う必要があります。
・歯間ブラシは,ワイヤーによってブラシ毛を巻きつけてつ
くられているため,力を入れて使用すると,ワイヤーが折れたり,歯質や歯周組織を傷つける場合があります。歯間の空隙に応じてサイズを選択します。ハンドル部が短いと使用しにくいので,器用でない方は,ハンドルの長いものを選択するのがおすすめです。
サイズの合っていないものを使用すると歯肉などを傷つけてしまう可能性があるので、ご自身で選択を迷った場合は気軽に担当の衛生士に相談してみてください。
・使用には,力を入れすぎないように,2~3回往復運動をさせます。歯間空隙に挿入するだけではなく,歯面に当てるようにして動かします。

デンタルフロス
歯間ブラシとともに、歯と歯の間の清掃に適した補助的清掃器具です。
デンタルフロスにはホルダー付きのタイプもあり、フロスが苦手な方や奥歯への使用、小児への使用が適しています。
・フロスは,繊維が束ねられた糸で,繊維の成す凹凸によっ
てプラークを除去します。隣接面コンタクト(歯と歯の間
の接触点)周辺や,ブリッジの真ん中にあるダミーの歯の基底部の凸面の清掃に効果的です。
・糸巻き状のものや、使用しやすいようにホルダーが付いた
ものがあり、ワックスコーティングされたものと、そうで
ないものがあります。ワックスコーティングされたものは、フロス繊維がほぐれないので使用しやすく、一部がスポンジ状になっていて広範囲の清掃に効果的なものもあります、また,先が硬くなっていて,ブリッジなどが連結されていて咬合面や切端(歯の先端)からフロスが挿入できない場合に,隙間から差し込んで使用するものもあります。

次回は、その他補助的清掃器具とそれらの器具の管理についてお話していこうと思います。

お電話でのご予約はこちら
0120-648-071

またオンライン予約も可能です!
ホームページもご覧下さい!
https://www.rmdcc.com

#虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科
#メタルフリー
#インプラント
#インビザライン
#マウスピース矯正

月別お知らせ記事一覧