お知らせ

食生活による歯への影響について! ゴルフ大好き!食べるの大好き!事務長池田のブログ

こんにちは!事務長の池田です!
今回は、食べる事の大好きな私には耳の痛くなるお話しですが、食生活によっては歯に悪影響を及ぼす事を皆さんにも知っていただきたいと思います。
食べ物や飲み物は毎日口にするので、食べたり飲んだりするものによってお口の健康状態にも影響がでてきます。
ここでお口の状態に影響する習慣をいくつか挙げたいと思います。
○間食が多い
間食と聞くとケーキやパフェ、お菓子など甘いものをイメージされる方も多いのではないでしょうか。また、糖分を多く含んだ飲み物なども同様で、摂取のタイミングが多くなったりすると、歯の周囲にプラークを溜めやすくなり、その結果、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。
○すっぱいものを口にする事が多い
体に良いイメージがありますが、摂りすぎてしまうと酸によって歯が溶かされやすくなってしまいます。理科の授業で、卵をお酢の中に浸けておくと殻が溶けて軟らかくなるといった実験をやったのを覚えているでしょうか?それが歯におきてしまうのです。例えば、酸性飲料、酢の物、柑橘類、ドレッシング、ワインなどをよく口にする人は注意しましょう。
○硬いものを食べ過ぎる
昔、よく「柔らかいものばかり食べない」と親に言われていました。その影響からか飴や氷などの硬いもの、スルメなどの硬いものを好んで食べていました。しかし、頻繁に食べ過ぎると、歯にダメージがかかりすぎて歯が割れてしまい、激痛や歯の神経を取らなければならなくなったり、抜歯をしなければならなくなったり...
歯応えのあるものを食べるのは大事なことですが、あまり歯に力をかけすぎることは控えましょう。
○加工食品などのやわらかいものばかり食べている
「上に書いてある事と真逆」と思われるでしょう。最近の食事は軟らかいものが多く、軟らかいものは食べやすくて良いのですが、歯応えのあるものを口にしないでいると、噛む機能が働かなくなり、唾液の分泌が不十分になる事で虫歯や歯周病にかかりやすいだけでなく、お口周囲の筋肉が衰えることで顔がたるんだり、肥満や認知症になりやすいなど、全身にも影響が出る事が分かっています。
○喫煙
私自身特に耳が痛い事で、喫煙が習慣で歯茎の血液の巡りが悪くなり、歯周病になりやすくなってしまいます。これはタバコを止めた人に比べると約4倍!!これ聞くと止めなきゃとは思います...
まとめ
習慣に気をつけるかそうでないかによって、お口の中は大きく変わります。また、歯を健康に保つためには、毎日の歯磨きを欠かさない・定期的にクリーニングを受けることで、ある程度歯の健康を守ることはできます。が、それだけでなく、毎日の食生活にも気を使ってみてください。
お電話でのご予約はこちら
0120-648-071
またオンライン予約も可能です!
ホームページもご覧下さい!
#虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科
#メタルフリー
#インプラント
#インビザライン
#マウスピース矯正
月別お知らせ記事一覧