お知らせ

歯周炎について! 親切丁寧にご対応します!受付松崎の歯科ブログ

こんにちは!
受付の松崎です!
前回は歯周病についてお話ししました。
今回は歯周炎についてお話ししたいと思います。
●歯周炎について
皆さんは前回のお話しで歯周病は、歯茎の病気なのだと感じたと思います。
決して間違いではありませんし、スタートは歯茎の炎症である事は間違いありません。
しかし、歯周炎になると、問題は骨におこってきます。
歯周炎が進行すると歯を支えている骨が溶けていきます。
今まで多くの患者さんに歯周炎について質問を投げかけてきましたが、90%の患者さんは骨が溶ける病気との認識はなく、歯茎のトラブルのみだと思いがちです。
おそらく、骨は自分自身では見えないことが理由だと思います。
歯医者でレントゲンなどを撮ることで、骨の状態を含め、様々な情報を得ることが可能になります。歯茎の存在をいったん無視すると、人間の歯は骨にささっている構造であることが認識できると思います。
一般の方が理解しやすい言い方に変えると、木が土に埋まっている感覚が一番近いかもしれません。歯茎はテーブルクロスのように骨の上を覆っていると考えて頂ければと思います。
そのため歯周炎により骨(土)が溶けていくと、当然歯(木)が揺れはじめます。
虫歯と違い、歯周炎はあまり痛みを伴わないため、何年も痛みがないので歯医者に行っていなかったという患者さんに、とてもリスクが高い病気とも言えます。
人間の骨は一度溶けると、自然に再生してくる可能性はかなり低いのが現実です。
歯肉炎が進行すると、歯周炎に移行して歯を支えている骨が溶けていき、歯を失うことにつながってしまいます。実際に、歯を失う原因の1位は歯周病です。日頃の歯磨きが重要になります。
また、歯周病に罹患すると糖尿病、心筋梗塞など、様々な病気になるリスクがあがることも近年分かってきています。
噛み合わせの状態や、遺伝的な要因も歯周病を増悪させることも分かっています。
重症になってからでは遅いです。歯科医院に通っていれば防ぐことができると思います。きちんと定期検診には来てくださいね!
不安な事や分からない事などがあれば、お気軽にお問い合わせください。
お電話でのご予約はこちら
0120-648-071
またオンライン予約も可能です!
ホームページもご覧下さい!
#虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科
#メタルフリー
#インプラント
#インビザライン
#マウスピース矯正
月別お知らせ記事一覧