お知らせ

歯周病と早産、低体重児について。 ベテランせりなのお口のお悩みお答えします!

みなさんこんにちは!
今回も前回に引き続き、歯科と全身疾患についてお話しします。
今回は歯周病と早産、低体重児についてです。
妊婦さんと歯周病って何か関係あるの?と思われている方はとても多いと思います。ですが妊婦さんと歯周病には深い関わりがあります。
と言うのも、妊婦さんはつわりにより、歯ブラシを口に入れるだけで気分が悪くなり、ブラッシングがおろそかになり、歯周病の原因となるプラークを溜めてしまうからです。また、歯周病を起こすウイルスの中には、妊娠中に出される女性ホルモンを栄養とする細菌がいて、歯茎に炎症を引き起こし、歯周病を発症させているものもあります。
歯周病にかかっている人は「早産」や「低体重児出産」の危険性が非常に高いことがわかっています。
歯周病で歯列の60%以上の歯周組織が壊れていると、早産の危険性が非常に高くなるという報告もあります。早産で低体重児が生まれる危険率はなんと通常の約7倍にもなるそうです。
早産を引き起こす原因は、喫煙や飲酒によっても高くなるというのは、皆さんご存じだと思いますが、実は歯周病が原因で早産を引き起こす確率は、喫煙や飲酒のそれらより非常に高いと言われています。
また、歯周病が早産を誘発するメカニズムは次のように考えられています
お口の中に歯周病菌が増えると、免疫のバランスが崩れます。
すると免疫を担当する細胞から「サイトカイン」という情報伝達物質が出されます。
このサイトカインが過剰にでると炎症が起き、歯肉や歯槽骨を破壊する酵素が出やすくなり歯周病が進みます。
妊婦の胎内では血中サイトカイン濃度は出産のゴーサインとみなされ、濃度が高まると妊婦の子宮収縮が始まり、十分に成長していない状態で赤ちゃんを産む早産・低胎児出産に繋がるのです。
歯周病菌が妊婦さんのお口の中で繁殖すると、血液を通して全身にまわり、それが低体重児を生む原因になっています。歯周病を起こす細菌の中には、女性ホルモンを栄養としている細菌もいます。海外では、「歯周病を治せば早産を防げる」ということを妊婦に直接伝えているそうです。
なので、生まれてくるお子さんのためにも妊娠を期に歯科検診を積極的に受け、虫歯・歯周病などの治療と同時に、正しい予防の知識と方法を身につけていきましょう。
当院では妊婦さんの歯周病チェックも行っております。
元気な赤ちゃんを授かってもらえるようにしっかりとした定期健診をおすすめします。

お電話でのご予約はこちら
0120-648-071
またオンライン予約も可能です!
ホームページもご覧下さい!
#虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科
#メタルフリー
#インプラント
#インビザライン
#マウスピース矯正
月別お知らせ記事一覧