お知らせ

131213オリコン「eltha」 「八重歯人気」の裏で...男女の本音とデメリット

オリコン「eltha」に龍院長のインタビュー記事が掲載されました。
?「八重歯人気」の裏で...男女の本音とデメリット
20代から40代の男性に「女性の八重歯」がカワイイと思える年齢を聞いてみた結果も掲載されています。

以下、抜粋でご紹介します。
アニメ&アイドル文化の影響もあって人気の八重歯。昨今では"付け八重歯"なるものも登場しているが、八重歯が欧米では忌み嫌われている。
oriconMEが20?40代の男女を対象に調査を実施したところ、八重歯に対するセキララな本音が浮かび上がった。

 「ファッションとしての八重歯は、一概に否定するものでもないと思います」と、"文化としての八重歯"に理解を示しつつも、八重歯があることによるリス クについて教えてくれたのは、トルナーレデンタルクリニック院長の龍信之助先生。
「八重歯は、左右の歯と重なりあって飛び出ているために、非常に磨きにく いというデメリットもあります。八重歯周辺を清潔に保つためには、複数のブラシを使い分けて、こまめに歯みがきをしなければならず、非常に手間がかかり、 なかなか続けることはできないんです」。

「犬歯は上下の歯のかみ合わせをガイドする大 切な役割を果たしています。八重歯などによってそのガイドが失われ、かみ合わせが悪くなると、顎関節症などの一因になってしまう場合もあるんです」(龍先 生・以下同)。

多くの人が悩むこの金銭問題に、龍先生が"考え方のヒン ト"と歯列矯正のメリットを教えてくれた。
「例えば、100万円の車は買えても、歯列矯正には躊躇してしまう人は多いと思います。車はどんなに丁寧に乗っ ても大抵は10年で乗り換え時期が来ますが、美しい歯並びはしっかりメンテナンスをすれば一生もの。矯正することでケアしやすくなり、その後の治療費など が安く済む場合も多いんです。最近は透明のマウスピース型矯正器具『インビザライン』が日本でも普及しているので、ワイヤー治療に抵抗があった人でも治療 しやすくなっています」

昨今では、"美しい歯並びは一生もの"という考え方が日本でも浸透し始めており、技術の進歩もそれを後押ししているという。"世界基準の歯並び"に対する意識の高まりは、国際化の波と共に押し寄せているようだ。

月別お知らせ記事一覧