お知らせ

130424歯の知覚過敏

冷たいものを飲んだり歯磨きをした時に、ピリッと痛みを感じた経験ありませんか?
これが・・・、知覚過敏なんです!

知覚過敏とは、不適切なブラッシングや歯周病などで歯茎が下がると象牙質がむき出しになります。
この状態で冷たいものや歯ブラシの刺激が伝わると短く鋭い痛みを感じることがあります。
知覚過敏.jpg
知覚過敏になって特に気を付けて頂きたいことは、歯がしみるとブラッシングが怠りがちになりプラークが溜まりやすくなります。
その結果、知覚過敏を悪化させたり、虫歯や歯周病を誘発することになります。
気を付けてくださいね。
月別お知らせ記事一覧