お知らせ

歯の摩耗について けずれてない?(2)

歯の摩耗について

歯の根元に段差が確認できても、その時点で症状がなければ、すぐには大きな問題になるわけではありませんが、歯と歯茎の境目に段差出来たときに起こる症状とは?ひらめき電球
水がしみる根元の段差が大きくなると、歯の内部の象牙質が露出して、水などがしみるようになり知覚過敏のような症状になります。
被せものの根元に段差が出来る歯を被せてある場合でも、その被せ物と歯肉の境目が削れて、段差になって審美的な問題になることがあります。
ブラッシング時に痛む削れてしまった歯の根元にブラッシング時の歯ブラシが当たると歯がしみたり、痛みが出たりすることがあります。
時間と共に段差は大きくなる歯の根元は、外側の硬いエナメル質は非常に薄いので、段差が内部の柔らかな象牙質に達すると、磨り減りやすく段差が大きくなっていきます。
歯の根元が段差になるのは、硬い歯ブラシを使い、強い力で研磨剤入りの歯磨き粉で磨くからだけではありません。
それだけでなく、咬み合せの時に発生する応力が根元に集中する結果、歯の根元が削れたようになってしまうのが大半の原因になっていますひらめき電球

歯の摩耗が気になったら東京港区虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科へおでんわくださいね!

月別お知らせ記事一覧