お知らせ

120727歯茎からの出血

あやかです音譜
歯茎からの出血について。
歯茎は毛細血管などが多いため、皮膚などに比べてデリケートな場所です。
しかし、毎日歯磨きで長期間にわたって出血を繰り返す場合は、炎症が起きていると考えられ「少しぐらい出血するのが正常」というわけではありません。
歯磨きなどでは、出血しないのが本来の歯茎です。
出血がみられる歯茎の多くは歯茎が腫れています。
しばらく柔らかめの歯ブラシで歯と歯茎の境目をよく磨き、腫れが落ち着くと出血も減ってきます。

月別お知らせ記事一覧