お知らせ

120712困った虫歯は象牙質から。

あやかです音譜
歯ぐきが下がるとエナメル質の下の象牙質が露出してきます。
歯が伸びてきた状態です。
この露出部分にプラークが付着し続けたり、唾液が減少して、歯の修復機能が遅れ気味になると、歯根部分が虫歯になります。

エナメル質より柔らかい象牙質(根面)から虫歯の侵入が始まるわけです。
この露出した根の部分は、エナメル質がある歯冠部分と違い、歯の神経との距離が近いため、比較的早い段階で神経にダメージを与えることがあります。
治療は一般の虫歯と同じ方法ですが、難易度が全く異なります。
根面齲蝕は、根の周囲を帯状に虫歯が拡がることもあるので、歯冠部分が健康でも根の周囲をぐるっと削って治療することになります。

月別お知らせ記事一覧