お知らせ

120609歯周病の進行

あやかです音譜
歯周病が進行しやすいのは・・・。
ひらめき電球噛み過ぎ
歯周病を悪化させる2大要素は、歯の周囲に付着するプラークと、噛み合わせた際の歯にかかる力の負担です。

歯は筋肉と違い、負荷をかけることで、強くて丈夫になるわけではありません。
むしろ許容以上の負荷は歯のグラつきを拡大させたり、歯周病の進行する促進する原因となるのです。

確かによく噛んで食べることは、消化や脳の刺激のためにとても大切です。
でも噛みこむ力には注意が必要です。「よく噛む=強く噛み切る」のではなく適度な力で噛む回数を多くすることを心がけましょう。
噛む行為を無意識ではなく、ある程度意識的に行なうことで、歯の寿命を延ばすことに役立つと思います。

月別お知らせ記事一覧