お知らせ

160526抜く?抜かない?

あやかです音譜
親知らず抜く?抜かない?
どんなにしっかり歯磨きをしている人でも、痛くなったり腫れたりする可能性があるのが、「親知らず」です。

親知らずとは、主に思春期ごろから、生えてくる一番奥の歯のことで、最大で上下左右4本生える可能性があります。

年齢的には、思春期以降であればいつでもトラブルになる可能性はあります。
また先天性的にない方も、もちろんいらっしゃいます。

親知らずを抜くか抜かないかで最も一般的なのは、腫れや痛みなどのトラブルが起こった際に、親知らずが歯としての機能(咬む)しているか? 
その後歯磨きがきちんと行なえる場所か? 
などが大きな判断基準になります。

月別お知らせ記事一覧