お知らせ

120413入れ歯がフィットしないなぁ?

あやかです音譜
最近入れ歯がフィットしないなぁ?ということはありませんか?
入れ歯が外れやすくゆるい状態とは、歯ぐきが痩せたりして、入れ歯と歯ぐきの隙間が広い状態です。

市販の安定剤と病院でのリフォームのどちらも、同じようにこの隙間を埋めて入れ歯を歯ぐきに密着させます。

大きな違いは硬さと耐久性です。
市販の入れ歯安定剤はソフトタイプ。
短期間で交換しながら隙間を埋めて入れ歯を安定させます。
歯科医院でのリフォームは安定剤というより、入れ歯の素材と同じようなハードタイプの樹脂を利用します。

ハードタイプは、一度行なえば、長期間(6ヶ月から数年)使用することが可能となります。
入れ歯の素材のような硬い樹脂のため粘着性はありませんが、唾液が入り込むと落ちずに吸い付いたような状態になります。

歯科医院で行なわれる入れ歯のリフォームのことを、「リベース」「床裏装」などと呼んでいます。

月別お知らせ記事一覧