お知らせ

120327あれ?音がする?

「顎関節症」、圧倒的に20から30代の女性に多い疾患なのです。
女性のなんと2割が顎関節症疑い。

もしかして私も顎関節?
男女ともあごが発達するにつれて発症することが多く、大体小学校高学年くらいから高校生くらいまでに発症することが多いようです。

「顎関節」ってどこにあるの?
大きく口を開けてみて下さい。
耳の穴の前1cmくらいのところに動くところがありますよね。
これが「顎関節=顎(あご)の関節」なのです。
ちなみに口を大きく開けると、ここの骨の出っ張りは、通常前後に1cmくらい、左右対称に動きます。

「顎関節症」ってなあに?
こんな人が顎関節症『顎関節』を動かした時に、
・口を開ける時に痛みがある
・口を開けるとポキッという音がする
・口が開かない
「痛み」はあごだけではなくこめかみの筋肉にまで及ぶこともあります。
「ポキッ」という音は人によっては「シャリシャリ」だったり「ジャリジャリ」だったりもしますし、ひどい場合はなんと周りの人にまで聞こえることもあります。

「口が開かない」基準としては自分の指を縦に3本いれてみて下さい。
入らない人(もしくは入っても痛みを伴う人)がだいたい「口が開かない=開口障害」と判断されます。

結局、口を動かした時にあごのまわりに上のような異常がいつも起きる場合の総称が「顎関節症」ということになります。

「顎関節症」がある人におこりやすいその他の症状としては、緊張性頭痛や頚部痛、肩こりが知られています。

あれ?と思ったらまずは自己チェクをしてみてください。

月別お知らせ記事一覧