お知らせ

歯にヒビが入ったときの治療法

残念ながら、歯のヒビを完治させる治療法はほとんどありません。 エナメル質内のヒビは、浅いもしくは無症状なら経過観察。




歯の一部が欠けてしまった場合には、虫歯の治療と同じ様に治療します。
具体的には小さい欠けであれば、樹脂で埋める、大きく欠けたなら、被せものを作る場合もあります。

象牙質のヒビは、歯が完全に真っ二つに割れてしまえば、即抜歯になる可能性が高いです。
水がひどくしみるようであれば、神経を抜くなどの治療が必要です。
目で見てもほとんど確認できず、レントゲンで二次元的に確認できない場合もあるため、象牙質にできた歯ぐきの奥につながるヒビをなかなか発見できず苦労することもあります。
だんだんと症状が悪化したため、抜歯して初めてヒビが確認できるときもあるのです。

月別お知らせ記事一覧