お知らせ

ストレスとお口の中の健康

寒さが増してきました。
年末に向けて忙しくなる方が多いんじゃないんでしょうか。

疲れが溜まった時、ストレス...お口の中に異変が起きやすい時期です。
疲れている時にお口の中で起きやすい症状をご紹介します。

歯ぐきの腫れ
歯周病の原因となる歯石などがすでに存在し、体の抵抗力で痛みを押さえ込んでいる場合、歯ぐきが腫れることがあります。

ひらめき電球歯が浮く
歯が浮いて、痛みが起きることがあります。考えられる主な原因は2つ。
ストレスが原因の歯ぎしりが続き、健康な歯が一時的に歯が横方向に過度に揺らされて浮いてしまった場合。
咬み合わせを調整することで痛みが軽減します。

根の奥に膿が溜まったり、歯周病などの慢性炎症がある場合。
体の抵抗力で痛みを押さえ込めていても、ストレスや疲れで抵抗力が落ちるとバランスが崩れ、歯が浮くことがあります。
歯の根の治療が必要ひらめき電球


ひらめき電球歯ぐきのおできが膨らむ
痛みもないので放置されがち。
体調によって腫れたり引っ込んだりを繰り返すことがほとんどですが、できれば早期に根の治療を行なった方いいですね。

ひらめき電球急な歯のぐらつき
歯周病は自覚症状がなく、こっそり進行していることがほとんどです。
軽いものは体の抵抗力で炎症を押さえ込んでいることが多いです。
末期の歯周病になると、ストレスや疲れで抵抗力が落ちたタイミングで一気に腫れて歯がグラグラになります。
ひどい場合は抜歯となることも。

疲れている時こそ、食事や睡眠など気をつけましょう。
免疫力低下に注意です!

月別お知らせ記事一覧