お知らせ

111017親知らずの種類

あやかです音譜
歯科衛生士の友達と、下の前歯の歯列不正が進行したね・・・何て話してました。
親知らずが押してるかなぁ・・・なんって。
私たちの親知らずは全然でてきてないのです。
つまり、骨の中にあるのです。
おそらく今後も親知らずが歯茎を突き破って真っ直ぐ生えてくる事はないでしょう。
親知らずがあるのかないのか、ご存知ですか?
また、どんな風に生えているか見たことありますか?
親知らずが生えている位置や角度によって、抜いた方がいいのか、温存した方がいいのかわかります。
抜く場合の難易度もある程度予想できます。
ひらめき電球垂直型
普通の奥歯と同じようにまっすぐ生えている親知らずは、歯を抜かなくても良い場合もあります。(上下の親知らずが噛み合っている場合など。)
ひらめき電球斜め型
最も多いタイプ、角度はさまざまで前の歯の後ろに斜めにぶつかっているため汚れが溜まりやすく腫れたり痛くなることが多いです。
親知らずや骨の一部削ってからでないと抜けない場合もあります。
ひらめき電球水平型
水平に潜り込んでいるタイプ、炎症が起こらなければ抜かずに、抜くことになれば、難易度が高いです。
親知らずが完全に水平になってしまい、その前の奥歯を後ろから押すような形になっている場合は、骨を削ってからでないと抜けない事があります。
他の奥歯と同じように真っ直ぐ生えている場合以外は、どのくらい傾いているのかは、自分で鏡で見ても分かりません。
正確にはレントゲンなどを見てから確認することになります。
1度、検診も含め親知らずの状況も知るためにもチェックしませんか?

月別お知らせ記事一覧