クリニックからのお知らせ2013年8月のお知らせ一覧

「歯の矯正は高い」というイメージでしょうか?
マウスピース矯正「インビザライン」もワイヤー矯正と同じく保険診療ではなく自費診療のため、歯科医院によって値段が違います。
分割できるか、初期費用はいくらか、総額がいくらになるか、通院する度にいくらかかるか・・・など歯医者さんによって、千差万別です。
それでも相場はありますので、あまりに安過ぎる、高過ぎるところは避けた方が良いですね。
費用が高いことを歯科矯正のデメリットに挙げる方もいらっしゃいますが、歯並びをきれいにして歯磨きをしやすくすることで、一生使う歯を長持ちさせるという効果も期待できますので、費用対効果は決して悪くないです。
もちろん、1回の出費としては大きいので、分割でのお支払いなどどうぞご相談ください。
学生の方には学割を適用していますので、お子様の歯並びを気にされている方もどうぞお気軽にお電話くださいませ。

歯並びが悪いと悩んでいらっしゃる方で、ワイヤー矯正とマウスピース矯正「インビザライン」の評判をインターネットで調べてからクリニックに相談に来てくださる方も多くいらっしゃいます。
身の回りで矯正をしている方がたくさんいる・・・という状況はなかなかないので、やはりインターネットでの情報収集が多くなってくるかと思います。
それぞれの歯科医院の評判を調べて、そもそもインビザラインにデメリットはないのかを調べて、と労力も大変ですよね。
最初のご相談は無料でお受けしていますので、調べ過ぎて何が何だか分からなくなってしまった方は、お気軽にいらしてください。
ご自身の歯並びがどういう状態で、それに対してどのように歯を動かしていくのか、をシュミレーションで見て頂くとイメージができておススメです。

インターネット上にはマウスピース矯正「インビザライン」の口コミが溢れています。
歯科医院ごとの比較やメリット・デメリットなどが書かれているのをご覧になって、何が良いのか、ご自身のお口の状態に合うのか分からなくなってしまう方も多いかと思います。
ワイヤー矯正との比較も書いてあるので、マウスピース矯正とどちらが良いのか口コミに頼るしかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
初回の無料相談にいらしてくだされば、メリットとデメリットについても説明させて頂きます。
気になっている口コミ情報を聞いてくださってももちろん大丈夫です。

矯正相談でいらっしゃる患者様から、マウスピース矯正のデメリットについて聞かれることがあります。
インターネット上で調べて、勉強してきてくださる方もいらっしゃいます。
こちらからはワイヤー矯正と違って、患者様ご自身で矯正のためのマウスピースを取り外しできることがデメリットにもなる、とお話ししています。
つまり、マウスピースをつけるのをさぼってしまうと、当たり前ですが全く歯が動かないのです。
ついつい面倒で・・・という方は予定通りに矯正が終わらなくなってしまうので、そのことがデメリットと言えばデメリットかもしれませんね。

小学館「NEWSポストセブン」に取材された際にも、マウスピース矯正「インビザライン」のメリット・デメリットについても質問を受けました。
矯正をする際に抜歯をするかどうか聞かれた際には、以下のような内容でした。

Q:ワイヤー矯正と同じく、マウスピース矯正でも抜歯するという先生がいますが?
A:マウスピースでも抜歯をするケースはあります。
しかし、既存の矯正方法では抜歯して歯の移動スペースを作ることが多かったのに対しマウスピース矯正の場合は抜歯するケースよりも、歯を削ってすき間を作って歯を移動させるケースが多いのです。
といっても削るのは、歯と歯のすき間を最大で0.5mmです。
矯正以外の場合でも、たとえば虫歯が大きくなりすぎてしまった歯でも、可能なら抜歯を避けたいと思っているかたがほとんどですよね。
そう考えると、健康な歯を抜かなくていいことの方がメリットは大きいのではないでしょうか?
しかも、もともと隣接面は虫歯の好発部位です。
虫歯という点で見ると、アメリカの論文でも、いまだに歯を削ったことで虫歯になりやすくなったという報告はありません。

記事でも、「全く欠点がないわけではないが、仕事の時間帯が不規則な私にとっては、"毎月必ず受診せずに済むところはラク"というのは魅力的だし、抜歯を避けられそうな点はホッとひと安心」とまとめて頂きました。
記者の方も、ご自身が「20時間以上欠かさず装着できるかどうかが問題だ」と書かれていましたが、患者様ご自身の努力が必要なことは、デメリットと言えばデメリットかもしれませんね。

マウスピース矯正「インビザライン」に欠点があるのでは・・・?という話を聞いたことがありますでしょうか?
矯正相談でいらっしゃる患者様からも「インターネットで調べたら、メリットだけではなくこんなデメリット載っていたのですが・・・」というご質問を頂きます。
インターネット上に書かれている体験談や口コミは、参考になるものもありますが、間違っているものや嘘も多く載っています。
そこで、インビザラインの欠点についてご説明するページを作成しました。
歯の矯正をお考えの方は、ぜひご覧になってみてください。
最終的には、クリニックにいらして直接歯科医師に質問頂くことをおススメします。

jacket.jpg

トルナーレデンタルクリニックにいらしてくださっている道端アンジェリカさんの書籍が9月4日に発売されることになりました!

クリニックのことも紹介して頂ける予定です。

※書籍のご紹介

書名:道端アンジェリカREAL
著者:道端アンジェリカ
発売日:2013年9月4日(水)予定
定価:1365円(税込み)

スーパーボディとクールなファッションセンスで支持を集める道端アンジェリカさん。

彼女がリアルな自分を見つめてファッションや美容、プライベートを語るフォトメッセージ&ライフスタイルBOOKです。

カジュアルからラグジュアリーまで完璧なファッションセンス、誰もがうらやむヘルシーボディになるための独自美学、メイク、スキンケアといったビューティコンテンツなどをバッチリと収録。

キレイになるための「道端アンジェリカ流」スタイルをあますことなく伝えます。

アンジェファンのみならず、美容やファッションに「自分のスタイル」をもちたい20代〜30代女性は必見!

透明なマウスピース矯正・インビザラインのご相談でクリニックにいらっしゃる患者様は、インターネットでお調べになってお詳しい方も多いです。

「CGを使うんですよね」「マウスピースは2週間ごとに変えていくんですよね」

など矯正についてたくさんの質問を頂きます。

そして中には、残念ながらインターネットに載っている間違った情報を信じてしまっている場合もあります。

クリニックに矯正相談でいらっしゃる方には、メリットとデメリットの両方をきちんと説明しています。

インターネット上のうわさで悩まずに、一度クリニックで相談してみませんか?

透明なマウスピース矯正・インビザラインをお考えの方、インターネットで情報を色々と調べてみて何が本当のことか分からなくなってしまっていませんか。

デメリットが様々書かれていて、矯正をするのをやっぱり止めようかな・・・と二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

先日受けた取材でも、

「歯がプラン通りに動かず計画が3か月もズレ込んだ」なんて声もありますが、実際どうなんですか?
ワイヤー矯正よりも高いのでは?
「ワイヤー矯正の方が歯を移動する矯正力は弱く、2週間ごとに動かすインビザラインの方が移動の際の矯正力が強い上に歯列への作用は断続的」なんて解説も見かけましたが?
機械が作るからといって、本当に間違いはないんですか?
全ての人に使えるわけではなく、顎関節症の人や虫歯を持つ人はNGなど治療できる症状が限られるという説もありますが?
食べかすが残ったままマウスピースをしてしまうと、虫歯のリスクがありますよね?
ワイヤー矯正と同じく、マウスピース矯正でも抜歯するという先生がいますが?

などマウスピース矯正のデメリットについてたくさんの質問を頂きました。

クリニックに矯正相談でいらした方にはデメリットも含めて、丁寧に説明しています。

インターネット上のうわさを見て悩むよりも、一度クリニックで相談してみませんか?

?

透明なマウスピースを使ったインビザラインには利点と欠点があります。
クリニックのホームページにもインビザラインの特徴を掲載していますが、どれが利点でどれが欠点かお分かりになりますでしょうか?

1. 取り外しができて衛生的
ワイヤーによる矯正は常に歯にワイヤーをつけたままにしているため、歯磨きが難しく、虫歯になってしまうケースがありますが、透明なマウスピースを用いた見えにくい矯正(インビザライン)は取り外しが可能なため、衛生的です。
2. 目立たない
透明なマウスピースによる見えにくい矯正装置(インビザライン)はワイヤーの矯正とは違い目立ちません。
3. 痛みや不快感の軽減
透明なマウスピースによる見えにくい矯正装置(インビザライン)は、口内炎などの症状や、不快感はほとんどありません。
(個人差があります)
4. 始める前に結果のイメージがわかります
インビザラインの場合はコンピューター上で歯の動きをチェックしますので、どのように歯が動いていくのか、マウスピースをいくつ使い、どのくらいの期間で終わるのかがわかります。
5. 歯の動きは患者さま自身でコントロール
全て利点に見えますが、5番目は欠点にもなり得ます。
ワイヤー矯正は患者様ご自身での取り外しができないので、矯正をすることへの熱意に関わらず歯が動いていきます。
しかし、マウスピース矯正は患者様ご自身で取り外しができるので、最後まできちんと矯正をするんだという意志が必要です。
取り外しができるという利点は、欠点にもなり得るのです。
クリニックでは、定期的にお口の中をチェックさせて頂くことで、サポートして参りますのでどうぞご安心ください。

月別お知らせ一覧