虎ノ門ヒルズクリニック開院3周年記念 歯科矯正 お得なキャンペーン 詳しくはFacebookページをチェック虎ノ門ヒルズクリニック開院3周年記念 歯科矯正 お得なキャンペーン 詳しくはFacebookページをチェック

インプラント(人工歯根)治療について

インプラント(人工歯根)は お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法 あなたの口腔内の未来を考えます

歯を失った時の治療方法は3通り考えられます。

  1. 1つは義歯(入れ歯)
  2. 2つ目はブリッジ
  3. 3つめはインプラント(人工歯根)です。

3つともさまざまな長所、短所があります。
義歯は違和感があり、他の歯に負担をかけてしまいます。ブリッジは固定式で違和感がありませんが、他の歯を削らなければいけません。義歯は歯を削りませんが、あまり噛む力はありません。
それに比べ、インプラントは天然歯と噛む力に差がなく他の歯に力を負担させることがありませんので歯が復活した感じがあります。特に奥歯が3、4本欠損している症例には、絶大な有効性を発揮します。
他の歯に余計な負担をかけませんので、他の歯の延命効果、つまり予防的働きも期待できるのです。

患者さんの立場で考えられる歯科医なら、安易に神経を取らないし、安易に削りません。 特に「削らない治療」というのは今後の歯科治療でも重要なテーマだと言えます。
削らない歯科治療では、予防、矯正治療、そしてインプラントが3本柱となります。


インプラント治療とは

インプラントイメージ図インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになり、取り外す必要もなくなります。
また、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しくできるようになります。

インプラント治療は、お口の中の機能回復と、自然な審美性を追求した新しい治療法です。


インプラント治療のメリット

  1. 自分の歯と同じように噛むことができますので、違和感がありません
  2. 健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません
  3. 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

こんな場合にインプラントをお勧めします

  • ・奥の歯が抜けたため、ブリッジができない
  • ・ブリッジにするために、健康な歯を削りたくない
  • ・抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
  • 入れ歯に抵抗がある
  • ・事故などの外傷で歯を喪失した

当院のインプラントシステムのご紹介

CT装置 最新式CT装置による3次元解析

トルナーレデンタルクリニックでは、安全・安心・低侵襲
被曝線量が少ない最新式CT装置
を導入しています。
CTによる3次元解析にて適切な方向・角度に正確に埋入することにより、他部位への不必要な侵襲を避けることが出来ます。

CT写真 CT写真

高品質・高精度のカムログインプラントシステム

カムログインプラントシステムトルナーレデンタルクリニックのインプラント治療には、
カムログ(CAMLOG)のインプラントシステムを使用しています。

カムログインプラントシステムは、長期にわたる基礎と臨床研究に基づいて、ドイツで開発されたインプラントシステムです。
ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国など世界中で多くの患者さんの口腔機能の再建に使用されています。

カムログインプラントの世界シェア

カムログは歯科およびインプラント大国のドイツを始め、ハンガリー、オーストリア、スイス、フランス等でその国のシェア上位を占めており、現在約30ヶ国以上に展開しています。今後もさらにシェアの拡大が予想される状況です。
他メーカーに比べ、大体的な宣伝や営業活動もせずに、ここまでのシェアを拡大できていることは、1ヶ国に対するカムログの浸透度が深いことを意味しています。

カムログインプラントの製品の品質と精度(クオリティ)

形状や製造方法など、似ている構造を持つシステムが他メーカーで多く登場していますが、カムログの精度には及ばないのが実情のようです。

*上記文章は、あくまでも当院の所見です。


カムログの歴史

1988年
IMZインプラントプロデュース
(研究開発はブローネマルクと同時期1970年代にさかのぼる)
ドイツエベレ社 ポルシェのエンジンパーツ部門担当セクションによる医療部門の誕生 Axel Kirsch
1994年
ALTATEC社の誕生 カムログシステムの開発着手
(lat. "altus" = highest & "tec" = technique)
1999年
カムログのプロデュース
2000年
日本での発売開始(ALTATEC-JAPAN)
2004年
camlog BIOTECHNOLOGIES へ社名変更
2009年
K-series国内販売

ドイツの工業都市シュツットガルトで1999年に販売を開始したCAMLOGインプラントは、最高峰と言われたポルシェのレーシングパーツを超精密に加工するマイスターたちの匠の技と、30年にわたり臨床・開発に携わってきたDr.A.キルッシュ、Dr.K.L.アッカーマン、マイスター歯科技工士の G.ノエンドルフら等、最先端で活躍する臨床家・エンジニアたちの豊富な経験が融合した、新しいコンセプトを持つインプラントです。

歯科・医療先進国と言われるドイツを中心に、近隣諸国でトップシェアを誇り、新世代構造と呼ばれるカムログデザインは、わずか10年ほどで全世界に爆発的な広がりをみせております。

日本でも1999年以来、非常に多くの歯科医師に使用されており、シェアを急速に伸ばし続けているシステムです。

ベンスハイム市にある製造工場では、近代的な機器によって毎年数えきれないほど多くの歯科医療製品や関連器具が製造されています。高度な技術で管理された製造工程と厳格な検査過程は、カムログ製品一つ一つの品質の高さを証明します。

自社工場で製造される要滅菌の製品は100%(全数)検査され、長期耐久テストやバリデーションの基準によってカムログ製品の安全性を確認しています。

カムログの製造および品質管理は国際医療工学の基準に適合し、EN ISO13485およびEN ISO 9001に加えて、FDA(アメリカ食品医薬品局)の基準も満たしています。


インプラントに関するQ&A

01)インプラントって痛くないの?

術中は局所麻酔で手術部位に痛みが起こることは無いです。また術後は鎮痛薬などで痛みをコントロールします。
恐怖心の強い方の場合などは術中に全身麻酔をして施術することもあります。

02)治療期間は?

症例により異なります。
骨が少ない方の場合は骨を増やすという処置から行わなければならないのでその分治療期間がかかります。骨が十分にある場合などは3ヶ月程度で上の被せ物まで処置が完了します。

03)費用は?

治療範囲によって異なります。ただいずれの場合も保険適応外の診療になりますので費用に関してはご相談をしてください。
またインプラント治療は医療費控除の対象になります。

04)どんな人でもやれるの?

著しい全身疾患等がなければ通常行うことが出来ます。
また難しいケースであれば提携病院と連携してインプラントのオペにあたることもあります。

05)一生持つの?

インプラントは埋入して被せ物が出来たら一生もつというものではありません。
天然の歯と同じように歯周病にも罹ります。なのでメンテナンスが必ず必要になります。
また被せ物も何十年と使えば必ず何処かにエラーが出て来ます。
しかし埋まっている部分がしっかりしていればやり変えを行ったりすれば問題無いです。