メディア紹介

小学館「NEWSポストセブン」2013年4月1日

小学館「NEWSポストセブン」2013年4月1日 小学館「NEWSポストセブン」2013年4月1日 小学館「NEWSポストセブン」2013年4月1日 ジャスティン・ビーバーがインビザラインで矯正をしていることや、龍院長が考案したスマイル筋を鍛えて小顔になるエクササイズ「スマイルワークアウト」、学割についても紹介して頂きました。(以下、抜粋)

「日本ではアイドルの八重歯はかわいいと人気ですが、海外ではマイナスイメージなんです。日本のスターも、ワールドワイドでの活躍を視野に入れるのであれば、これからは歯並びも含めて歯の美しさをまず第一に考えたほうがいいと思います。アメリカの人気ドラマ『アグリー・ベティ』では、主人公の女の子がワイヤー矯正をしていますが、あれもマイナスイメージの象徴として使われていましたよね。今は、透明なマウスピースで着けていることを気づかれないインビザライン矯正もあります。実際、ジャスティン・ビーバーやトム・クルーズも使用していてそれがYouTubeで公開されていたりと、アメリカではポピュラーなんですよ」
「歯を見せて笑うことに慣れていない日本人は、エラのあたりの筋肉が発達して顎関節症になりがち。そこで私は、スマイル筋を鍛えて小顔になるエクササイズ、 "スマイルワークアウト"の提唱もしてい ます。ハリウッドには"笑顔の先生"がいるほど笑顔への意識が高いんですよ。ステキな笑顔こそ第一印象アップの重要なファクター。私のクリニックでは、学生の方には通常の20%オフになる"学割"をご用意しましたので、インビザライン矯正をスタートする時期としてもオススメですね」
http://www.news-postseven.com/archives/20130401_179780.html